美容レーザーの痛みをとる♡5つの方法

美容レーザーは痛さは、ゴムを弾く程度と言われていますがレーザーの種類は色々ありますし、出力するパワーの設定にもよります。

やはり、一度はやってお試ししてみないと分からない痛みです。今回は、今すぐ、レーザーの痛みを軽減する5つの方法をご紹介します。

痛みをとるためにまずはトイレへGO!

1つ目のポイントはトイレを済ませておくことです。理由はトイレの我慢は身体の緊張を引き起こしてしまうためです。

トイレを我慢した経験はありませんか?

その時は、身体がどのようになりましたか?

逆にトイレができた時には、どのような気持ちになりますか?

身体から老廃物を出す時には、安心感やほっとした気持ちが得られる方が多いと言われています。我慢をすると身体は固くなり、安心感があると、自然と身体は柔らかくなる性質があります。

だから、美容レーザー前にはトイレは済ませて安心感やリラックスを作り出しておくことで痛みを軽減できます。

お水のボトルを持って美容レーザーへ♪

緊張することで喉が乾きますので、水分をとっておきましょう。喉が潤うと安心感にも繋がり、身体もリラックスしやすくなります。美容レーザーの後に喉が渇くのは、レーザーのゴムで弾かれたような痛みで緊張が身体に走っているからです。

飴やジュースなどの癒やしグッツをもってGO!

最新の医学研究では、予防接種などの時にも甘いものを食べると良いと言われています。飴だと飲み込んで危険になることもありますので、甘いジュースやすぐに溶けるラムネやチョコなども効果的です。

催眠の音楽をきいて施術を受ける

麻酔がなかった時代には、外科手術で催眠療法(ヒプノセラピー)が用いられていました。痛みを軽減するための催眠音楽を聞きながら美容レーザーをすると、心をリラックスしたままあっという間に終わります。

音楽を聞ける状態でない場合は、音楽を思い出すだけでもリラックス効果があります。痛みを軽減するために作られた催眠音源には「言葉」も入っているますので、「言葉」を心の中で唱えるだけでも痛みを軽減することに繋がります。

また、ビジュアライゼーションといって、リラックスしている時のイメージを思い起こすことでも美容レーザーの痛みを軽減させることが可能です。

どのような方法であっても、美容レーザーの施術中にリラックスしている時のイメージや音に集中してみてください。意識が向いているところに身体の反応が現れます。

まとめ

美容レーザーの施術の痛みを自分で取り除く5つの方法をご紹介しました。美容医療も進歩していますが、痛みを伴う施術がまだまだあります。また、痛みは個人差のひらきがかなり大きい、と言われています。痛みに弱い方はこのような方法を試してみてください。美容レーザーに限らず、どのような痛みにも効果がありますので試してみてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。